Tuesday, July 3, 2018

私のイラスト成長期、2年くらい毎日描いた学んだこと。 How drawing everyday made me a better artist.

皆さん、こんにちは。またはこんばんは。
今日は私が絵を描くときに気をつけてること、
そしてイラスト成長期、のようなものを書こうと思います。
といっても、今まで描いた絵が多すぎて、全てを載せることはできません。
だから一つ一つ、ゆっくりと紹介していこうと思います。
いつもと違って少し真面目なブログになりますが、
楽しんで読んでいただけると嬉しいです。
まず、私のイラスト成長を見てみます。
元から私は絵を描くのが好きで、中学1年生になってから、あるプロジェクトをしようと決めました。
“毎日必ず一枚絵を描く”というプロジェクトでした。
このプロジェクトを提案してくれたのはお父さんで、私はもちろん賛成しました。
ただ”毎日“何かをするのって意外と難しくて、忘れたことも2、3回あったんです。
これは私のギター練習と同じです。
毎日ギターを弾いていたので、少しずつ上達していきました。
だから毎日何かをするというのが、何かを上達させたいときに使える技なのかなと私は思います。
それでは、まず私が初めてiPadで描いた絵を載せます。
これは”毎日プロジェクト“を始めてから描いた一枚目の絵です。
Hey, everyone. 
Today, I’m going to write about my drawings. How drawing every day made me a better artist.
I drew a lot, so I can’t put all of the pix here but I want to show some of them.
This blog is a little more serious?! than my other blog but I hope you enjoy it.
Anyway, I’ve always loved drawing. When I was in 7th grade, I started a new project. 
It was “to draw something everyday.” 
My dad gave me this idea. Doing something everyday can be hard at times. You always miss few days from sickness, etc but this idea is similar to how I learned guitar by Rocksmith. I played Rocksmith everyday and got tiny bit better than the day before. 
It is a great challenge and it has worked for me. 


So, here is the 1st pix I drew on an iPad. 

こんな感じで、体のバランスも良く取れてなく、
手も物凄く不自然な形になってます。
そして色ぬりもどこか雑で、あまり綺麗には見えません。
この絵を描くのに使ったアプリはPaperというアプリです。
レイヤーがなく、少し使いにくいですが、当時初心者だった私は、このアプリがすごい好きでした。
そしてこのアプリよりもっといいアプリを見つけたのが1年後の冬くらいです。
Paperで絵を描くのもこれで最後なのかと思い、
最後に描いた絵がこちらです。
As you can see, it’s unbalanced and the hands look pretty bad.
The colors aren’t appealing. 
I used an app called paper.  This app does not have layers but I really loved the simplicity of the app.


After a year or so, I got this app. I figured this will be my last drawing on paper, so I drew this one.

最初と比べれば上達してる気がします。
ですが、これは模写です。
最初からオリジナルはムリでした。
お手本の絵を見て自分も描いてみると、少しずつですがバランスが取れてきた感じがしました。
色も不自然じゃなく、この絵を描いたとき、私は物凄く満足していたと思います。
Compared to the first one, I think I got a little better. 
I did look at another drawing to draw though. 
I couldn’t draw something from my imagination yet but I felt like I was getting better at drawing if/when there is another drawing I can look at. 
I remember being so happy when I finished drawing this.




さて、次に、新しいアプリを手に入れたときに描いた絵を紹介します。
こちらです。
This is the new app, I got after Paper. 



これは一番最初に載せた絵とあまり変わっていません。
実はこれもオリジナルだからです。
私は模写は少しずつ描けるようになりましたが、自分でオリジナルキャラを描くというのがどうしてもできませんでした。
ただこの絵を描いた時も満足していたのを覚えています。
This drawing doesn’t look good at all. 
Why? Because I tried drawing something original.
Around this time, I was getting a little better at drawing if there is another one to look at but I still couldn’t draw anything original. 

この絵を描いたときに使ったアプリはSketchClub
今も使ってる、とてもいいアプリです。
ちなみにこのアプリは前のPaperとは違って有料です。
そのためブラシの種類も多く、レイヤー機能も付いています。
すごく使いやすくて、今では私の妹も使っているアプリです。
上の絵を見てわかる通り、まだ体のバランスがとれてません。
これによって、アプリを変えても急に上手になるわけではない、ということがわかります。
しかし、新しい機能が付くことで、絵を描くことは楽しくなります。
楽しくなるともっとやろうと思えるので、いいことです。
This app is called SketchClub. I still use it and I love it. This isn’t free but I think it is worth it. You can use layers and there’re tons of brushes as well.
Anyway, the drawing above, looks pretty bad. So, this is the time I realized apps doesn’t make you a better artist. But when there’re new features, it can make drawing a lot more fun. Perhaps, because it is more fun, you draw more which is GREAT.



SketchClubを使い始めて半年くらい経ったある日、
私はもっと時間をかけて絵を描こうと決めました。
そこで自分が好きなキャラクターの写真を見つけ、
その子たちをできるだけ上手に描けるよう頑張りました。
その結果、最終的に完成した絵がこちらです。

After about 6 months, I decided to use more time per drawing. So I found characters I like on the net and took my time to draw them. As a result, I drew this.




この絵を描き終えたとき、他のとは比べ物にならないくらい嬉しかったのを覚えています。もう大大満足でした。
I remember being SO HAPPY when I was finished. 


他の絵はこんな感じです。
Here is another.


ただ、このころは”模写“しかできませんでした。
オリジナルのを描いてみよう!と思っても思い通りに描けず、ただイラつくだけだったのです。
そこで、模写ができるなら、その写してるものを自分のポーズに変えてはどうだろうと思いました。
そこから自分で自分の手の写真を撮ってみて、絵を描いて見ました。
そしたら模写するときと同じように描けました。
デジタルで描くのが慣れてきて、私はYouTubeでイラスト講座を見てみようと思いました。
YouTubeには自分とは比べ物にならないくらい絵が上手な人が多くて、ものすごく驚いたことを覚えてます。
そこから毎日必ず一回は講座を見て、私も書いてみようと思いました。
そうしてるうちに、少しずつ色の塗り方、バランスを良くする方法、など色々と学べるようになりました。
ある日、いつも通りYouTubeで動画を見ていたら、”コピック“というものが出てきました。
”コピック“ってなんだろうと思い、ネットで見て見たら、
このようなものでした。
I still couldn’t really draw anything original then. I tried but I ended up being angry at myself because it was too hard.
Then I thought to myself, if I can draw by looking at something, maybe I can take photos of myself and use that. I tried and it worked. 

I drew and drew and got used to drawing with an app. This is the time I started watching artists on YOUTUBE. There were so many great artists I was blown away. 
I decided to watch at least one video a day, so I can draw like them.
By doing so, I learned how to color, think about balance, etc. 


One day, when I was watching, I learned about COPIC. I looked it up on the net and it was this.

色を塗るためのマーカーみたいなもので、私はこれを見つけた瞬間、欲しいと思いました。
ちょうど誕生日前で、高かったけど、他のプレゼントを減らし、アメリカのおじいちゃんに買ってもらいました。
そしてここからデジダルではなく、アナログで絵を描くようになりました。
今はこんな感じです。
They were markers. As soon as I saw them, I wanted them. So I asked that for my birthday from Grandpa in the US.
From here, I switched to analogue. 

This is my recent work.



最初に比べると、色の塗り方、バランスもよくなった気がします。
その理由は、ただ毎日絵を描いていたからだけではないと思います。
もちろん毎日何かをするのは大事なことです。
でも毎日同じことをしていても、それしか上達しない気がします。
I think I have gotten better esp. at coloring and balance compared to when I first started. 
I think this is the result of not just drawing everyday. 
While working on something everyday is important, 
you can't work on the same thing ever day over and over.



私が毎日手だけ描いていたら、手は上達するけど、他のパーツはダメダメだと思います。
だから、私はお父さん、そしてお母さんにリクエストをもらっては絵を描いていました。
そうすることで感想も聞けて、
良いところ悪いところを見つけることができました。
また、YouTubeで動画を見て、自分も真似したり、
ネットで色についてしらべたり、
自分でできる限りのことは全てして、今では絵を描くのが当たり前になって、すごく楽しいです。

If I drew “hands” everyday, I will be great at drawing “hands” but I wouldn’t be good at drawing other parts. So, I asked my dad and mom if they had requests. 
That way, I can get feedback. I also used the net, watched youtube to look for answers and examples. I did whatever I can so I can get better. 
Now, drawing has become part of my life like playing guitar and it’s really fun.


もう一つ
私が絵を描くときに気をつけてることを紹介します。
私は、絵を描くとき、結構悩んで
うまく描けなかったらすごく落ち込みます。
でもそういう時は、前描いた絵を見て、
自分が上手に描けた絵を見たりして、
自分に自信を持たせるようにしました。
自信を持って何かに取り組めば、諦めようという気持ちが消えたからです。

While it’s fun, sometimes it can be frustrating. This is what I do to make myself feel better. 
I look at my old drawings and compare. How much I have gotten better. 
This gives me confidence that if I keep at it, I will eventually get really good. 


ということで、ここで私がやったこと、わかったことをまとめます。
やったこと
・毎日描く
・YouTubeの動画を参考にする
・他の人の意見を聞く
・新しいことにチャレンジする
・違うパーツを描く
・自信を持って取り組む
わかったこと
・アプリがよくても上達しない
・諦めると全部終わっちゃうから、諦めない
・昔の絵と比べると自信がつく
・絵を描くのって楽しい



これが「私のイラスト成長期」でした。
これからも色んな事にチャレンジしていきたいです。もちろん音楽もです!
長くなりましたけど、ここまで読んでくださってありがとうございました。
それでは、
また明日。So, this is kind of what I did and learned from this experience.

What I did.
-draw everyday
-watch youtube
-listen to feedback
-draw something new
-draw different parts
-try to be confident

What I learned.
-app doesn’t make you a better artist
-do not give up
-look at your old drawings and I am confident
-drawing is fun

It has been a fun journey.
I want to keep trying new things! Music too, of course!!!

No comments:

Post a Comment